読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく生きていきたいと言っているのに…

「変わってるよね~」と言われるのに慣れてきてしまった26歳のブログ

とりあえず震えてみる

今の部屋にこしてきて2日。

 

一人暮らしの経験はあったものの、会社が用意してくれた家に住んでたから、全部自分でやるっていうのが初めてで、「余裕じゃーん」っていう気持ちと「あーもう無理無理wwなにこれww」みたいな気持ちが交差して忙しい。

 

昨日は、もう寂しさで震える夜を過ごした…らよかったんだけど。もう物理的に震えが止まらない夜を過ごした。

 

給湯器が外にあって何にもいじれないらしく、「蛇口で調整してくださいね」って言われてた。ええ、しましたとも、調整を。

 

「うおっ、あっちー」とかいじりながら水もだしていったら、もう突然の水オンリー。そこにはノー武装の私。「いやいや、裸だし、頭あわあわだし、もうこれ無理じゃーん。」完全に戦意喪失。しばらく水をだしてぼーっとしてたら、もう震えが止まらなくなって。

 

「ああ、もういっそ水に頭突っ込んだら楽になれんじゃねえの?」とか思ってたらいきなりの熱湯。「…っ!!!」言葉にならない感動をありがとう。や、じゃなくて。びっくりですわ。でももうわたしには希望の光にしか見えなくてまた必死に水をだして調整。

 

「あああああ!!!!」…これあれだ。一定のお湯ができったら水しかでなくなる。なんだよこれコインシャワー的なやつかよwwwwwwwwなぜか笑いが止まらなくなる。

 

笑って震えてんのか、寒くて震えてんのかもうわからんくらいになって、そこからは意識なく風呂場から逃走。

 

ドライヤーってすごいな、エアコンってすごいな、って温風を感じながら、なんとかミッション成功。やべ、これ明日もなのかよって思ってたら。そう、現実になった。

 

大家さんに電話して解決してもらったはずだった。「すぐ業者いかせるから。ごめんね><」って。

 

「あ、明日の夕方に交換に来ますねー」

 

っておい!!

今日も震える夜を過ごすのか…。ボンビーなわたしに戦闘に、いや銭湯に行く選択肢は…ない。